平成31年3月

工事現場全景 

配筋検収

監理者立会   

コンクリート打設中

サンプル

平成31年3月は、前月に引き続き掘削土工事及び基礎工事を施工しました。

工事の進捗度としては全体の15%程度となりました。


基礎工事のうち、コンクリート工事についてお話します。

コンクリートは、水・セメント・骨材・混和材料から作られており、硬化前は生コン

と呼ばれてます。コンクリート工事は、一度流し始めると基本的には作業完了までは

止めることができず、やり直しができない工事です。トラブルが発生しないよう入念に

計画し施工管理を行う必要があり、現場の空気が張りつめる工事の一つでもあります。


次月も事故の無いように安全第一に工事を施工致します。

平成31年2月

工事現場全景 

土工事

基礎工事   

2月安全衛生講習会

サンプル

平成31年2月は掘削土工事及び基礎工事を施工しました。

工事の進捗度としては全体の12%程度となりました。


土工事とは、主に基礎躯体や地下階などの地表面より下の構造物を作るために

まず土を掘削することをいいます。その後に基礎工事を施工します。

基礎躯体は地上の建物を支える部分で、鉄筋を配筋したところにコンクリートを

流し込み固めて造られます。

当工事では、工区を12に分け(全景写真の奥から手前へ)工事が進捗していきます。


次月も事故の無いように安全第一に工事を施工致します。

平成31年1月

工事現場全景 

監理者立会

 杭打見学会     

タワークレーン設置完了

サンプル

平成31年1月は前月より施工中だった杭工事が完了しました。

工事の進捗度としては全体の10%程度となりました。

当工事で使用した杭は、直径は70cmから100cmで、長さは17m

になります。その数は134本にもなります。

また、1月31日には工事現場において作業の要となっているタワークレーンの

設置が完了し、工事も本格化してきております。

次月も事故の無いように安全第一に工事を施工致します。

平成30年12月

全景写真


 杭材料検収       

監理者立会

集合写真

 清掃中     

清掃完了!

サンプル

平成30年12月は主に杭工事を施工しました。
杭工事とは、建築物を支持することができる地盤まで杭を築造する工事のことです。
当工事では、杭打機を2台使用し効率的な施工を行ってます。また、杭を打つ前には工事現場に納品された杭が設計図書の通りであるかを検査を行います。そして、検査合格後に杭打工事施工します。

12月9日には、市民参加の一斉清掃て参加し、近隣地域の方々とコミュニケーションを取ることができました。

次月も事故の無いように安全第一に工事を施工致します。

平成30年10月・11月

工事着工致しました。

山留工事施工状況

 山留工事施工状況

監理者杭芯確認       

地盤改良工事施工状況

現場全景

起工式

起工式を執り行いました。

式典中

式典中

式典中

市長あいさつ

関係者集合写真

お問い合わせ

鴻池・剋真・松本JV

真岡市新庁舎建設工事事務所

〒321-4305

栃木県真岡市荒町2047-1

TEL:0285-81-3523

関連リンク